ASIANA CUP

韓国語スキット部門:2人1組

指定された韓国語の台本のセリフを暗記し、台本に沿って2人1組でスキットを演じます。台本の所定の部分に自分たちで考えたアドリブを挿入します。基本的に本文を変えることはできません。ただし、語尾を変えたり、文章を一部追加することはできます(本文の3分の1程度まで)。制限時間(3分)内に演じていただきます。
全国で開催される「話してみよう韓国語」大会の高校生の部スキット部門で最優秀賞を受賞した組、または一般を含むスキット部門の出場者のなかで最も優秀だった高校生の組がアシアナ航空杯本選に出場できます。

スキット台本は?

スキット台本は全国で開催される「話してみよう韓国語」大会の高校生部門と共通です。前年の台本と間違えないようご注意ください。

スキット台本2020

応募できる高校生は?

■原則として全国で開催される「話してみよう韓国語」大会に参加してください。北海道や沖縄、離島など交通の便が悪く、地方の大会に参加できない人のみ、アシアナ航空杯事務局に直接申し込むことができます。
■応募できるのは一つの部門だけです。二つ以上に応募すると、どの部門にも参加できなくなります。
■過去に本大会の韓国語スキット部門または日本語エッセイ部門で入賞した人は韓国語スピーチ部門に限って参加できます。本大会の韓国語スピーチ部門または全国で開催される「話してみよう韓国語」大会のスピーチ部門で入賞したことがある人は、どの部門にも参加できません。
■応募時に日本の高等学校、中等教育学校(4-6年)、高等専門学校(1-3年)、それらに準じる専修学校や各種学校に在籍する満20歳未満の人が参加できます。
■高等学校の授業などで外国語として韓国語を学び、応募時の履修単位が4単位以下の高校生が参加できます。学習時間は100時間以内をめやすとします。
■独習または他の機関などで学んでいる高校生は、応募時の学習時間が延べ100時間以内をめやすとします。
■韓国や韓国語を常用する地域、家庭環境または韓国語の研修、韓国人家庭でのホームステイなど、韓国語環境にいた期間が通算6ヵ月を超える高校生は参加できません。

応募に必要なものは?

(1)参加申込みフォームまたは参加申込書(2名分必要です)
(2)韓国語で吹き込んだ音源をメール添付
  スマホで吹き込んだ音源をそのまま送れます!!
  音源を吹き込むとき、はじめに必ず学校名・学年・名前を録音してください。

*提出された書類などは返却できませんので、ご了承ください。
*応募書類や記入内容に不備があった場合、審査対象とならないことがありますので、ご注意ください。
*個々の応募に対する受理通知はしておりませんので、ご了承ください。

参加申込みフォーム
参加申込書ダウンロード

予選審査は?

予選審査は全国で開催される「話してみよう韓国語」高校生大会に準じて行います。音源にもとづいて予選の審査を実施し、結果を郵送で通知します。予選審査を通過したペアのみ、本選大会に出場できます。なお、予選審査の審査委員は公表しておりません。
惜しくも本選に出場できなかった応募者のみなさんには参加賞をお送りいたします。

⌂TOP > スキット